月夜見,イラボ釉,キッチン用品・食器・調理器具 , ワイン・バー・酒用品 , 酒器 , その他,プレゼント贈り物ギフトにおすすめ!,酒器セット,【京焼清水焼】スキッとした酒器揃え。ガサガサした独特の渋い肌!,清水焼,2695円,京焼,/electrostenolytic113133.html,www.m3digital.co プレゼント贈り物ギフトにおすすめ マーケティング 京焼清水焼 スキッとした酒器揃え ガサガサした独特の渋い肌 京焼 月夜見 酒器セット 清水焼 イラボ釉 月夜見,イラボ釉,キッチン用品・食器・調理器具 , ワイン・バー・酒用品 , 酒器 , その他,プレゼント贈り物ギフトにおすすめ!,酒器セット,【京焼清水焼】スキッとした酒器揃え。ガサガサした独特の渋い肌!,清水焼,2695円,京焼,/electrostenolytic113133.html,www.m3digital.co 2695円 プレゼント贈り物ギフトにおすすめ! 【京焼清水焼】スキッとした酒器揃え。ガサガサした独特の渋い肌! 京焼 清水焼 イラボ釉 酒器セット 月夜見 キッチン用品・食器・調理器具 ワイン・バー・酒用品 酒器 その他 2695円 プレゼント贈り物ギフトにおすすめ! 【京焼清水焼】スキッとした酒器揃え。ガサガサした独特の渋い肌! 京焼 清水焼 イラボ釉 酒器セット 月夜見 キッチン用品・食器・調理器具 ワイン・バー・酒用品 酒器 その他 プレゼント贈り物ギフトにおすすめ マーケティング 京焼清水焼 スキッとした酒器揃え ガサガサした独特の渋い肌 京焼 月夜見 酒器セット 清水焼 イラボ釉

プレゼント贈り物ギフトにおすすめ マーケティング 京焼清水焼 スキッとした酒器揃え 新商品 ガサガサした独特の渋い肌 京焼 月夜見 酒器セット 清水焼 イラボ釉

プレゼント贈り物ギフトにおすすめ! 【京焼清水焼】スキッとした酒器揃え。ガサガサした独特の渋い肌! 京焼 清水焼 イラボ釉 酒器セット 月夜見

2695円

プレゼント贈り物ギフトにおすすめ! 【京焼清水焼】スキッとした酒器揃え。ガサガサした独特の渋い肌! 京焼 清水焼 イラボ釉 酒器セット 月夜見





ギフト対応ラッピング選択可 のし記名可 フリーメッセージ名入れ対応商品

京焼清水焼の窯元 月夜見窯のイラボ釉 酒器セットです。
徳利1本、ぐい飲み2個のお値段です。


◆当店の京焼清水焼はご自分用だけでなく、
贈り物やお返し、プレゼントに大変喜んで頂いております。

【贈答用】母の日 父の日 敬老の日 バレンタイン ホワイトデー 誕生日プレゼント
【季節の贈答品】 御歳暮 御中元 暑中見舞 寒中見舞
【祝い事・お返し】 御礼 引出物 結婚祝 内祝 御祝 出産祝 新築祝い
【家族の御祝】節句祝 還暦祝 古希祝 喜寿祝 傘寿祝  米寿祝 卒寿祝 白寿祝
【外国への土産】外国の方へのお土産、プレゼント
【記念品】景品 記念品 開店記念 開業記念  配り物

他に人生の節目や、粗供養などにもご利用ください。
国際配送対象商品(海外配送)

詳細です。

Rakuten International Shipping Item
Details click here

プレゼント贈り物ギフトにおすすめ! 【京焼清水焼】スキッとした酒器揃え。ガサガサした独特の渋い肌! 京焼 清水焼 イラボ釉 酒器セット 月夜見

のマークは米へのこだわり

1717年に灘の西郷で米屋の副業として、※のマークを掲げて酒造りを始めました。「米を生かし、米を吟味し、米にこだわる」創業から300年も続く沢の鶴の伝統です。

忙しい平日の夜にほっと一息

贅沢な休日に凝ったお料理と

家族で休日の夕食に

米とともに300年。これからも。

沢の鶴6つのこだわり

創業300年脈々と受け継がれる伝統と、新しい革新への遊び心が、沢の鶴のお酒のおいしさの秘密です。

企業情報

沢の鶴では日本酒と料理の相性研究会というものがあり、日々自分自身の色と日本酒が
どのように繋がる可能性があるのかを研究しています。

沢の鶴
これからの
300年に向けて

2017年、沢の鶴は創業300周年を迎えます。日本酒の名産地である灘の蔵元として、日本全国でお取り扱いいただいていますが、「手に入りそうで、意外と手に入らない」のが、沢の鶴のお酒です。これは、私たちが生産量や安売りを求めず、良い材料で昔ながらの伝統的な造り方を守り続けてきたからです。
私たちは、世界から“新しいお酒”と注目されている日本酒文化を大切にしながら、みなさまの毎日の食事がもっと美味しくなるお酒造りを続けていきます。これからの沢の鶴にどうぞご期待ください。

沢の鶴資料館

「昔の酒蔵」沢の鶴資料館は、酒造りの歴史を現代に伝えるために、古い酒蔵をそのまま資料館として1978年(昭和53年)11月に公開しました。
新神戸駅・神戸空港や神戸の中心三宮から最も近い日本酒の資料館として、多くの方に親しまれています。